おおまかな回収と買取について

粗大ごみとして回収してもらうには

家具や家電のような大きなものをごみとして処分するときは、住んでいる自治体ごとの決まりに沿って処分しなければなりません。
自治体ごとにそれぞれ違うので、粗大ごみを処分するときはまず、ごみの処分の仕方を確認してからにしましょう。
自治体によって変わりますが、処分するものの一辺の長さが大体30センチメートル以上になると、粗大ごみとして処分することになります。


一般的には、粗大ごみを出す際には、事前の準備が必要になります。
電話や自治体が運営しているインターネットサイトから申し込みましょう。
不要になった家具家電が粗大ごみであると示す粗大ごみシールを手数料を振り込み送付される、もしくは指定の場所で購入して貼ります。
シールを貼っていないと回収してもらえません。
粗大ごみの収集日に粗大ごみを出して回収してもらいます。

家電の回収方法

処分するものが、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などの家電リサイクル法に定められたもの、パソコンの本体は粗大ごみとして処分できないので注意しましょう。

家電リサイクル法は正式には「特定家庭用機器再商品化法」と言います。
再利用が可能な部品を使用することで、廃棄処分品を減らし、資源の有効活用を推進するための法律というものです。

家電をリサイクルする際には、処分するものによって異なるリサイクル料が発生します。
また、処分するものを運搬するための運搬費も別途、かかります。

リサイクル法の対象となる家電は、対象の家電を購入した時の店舗、または、新しく買い替えの商品を購入した時の店舗から回収を依頼しましょう。
お店が遠いなどで、これらの方法を取ることができないという時には、お住いの自治体に相談しましょう。
家電リサイクル券に記入して、回収料を振り込んで回収してもらいます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ